デリケートゾーンの黒ずみをクリニックで治療するには?

デリケートゾーンの黒ずみはクリニックに行けば解消できるの?

デリケートゾーンにできてしまった黒ずみのことは、女性であれば非常に悩ましいものだと感じます。では、実際にデリケートゾーンにできてしまったら、どうやって対処すればいいのでしょうか。基本的には、クリニックに通って治療するといいでしょう。クリニックでは最新の美容レーザーなどを利用して施術を行います。例えばレーザー治療であれば、メラニン色素を直接レーザーにて破壊するので非常に効果を実感できます。メラニン色素が破壊されると、新陳代謝によって垢として体外に排出されるようになるので安心です。肌のターンオーバーを利用した施術になるので、安全性についてもとてもあります。また、長い間に蓄積された黒ずみというのは、なかなか1回のレーザー治療で全てを無くすことはできないので、クリニックには何回か通う必要があります。それでも一般的なクリームや石鹸などを使って対策するよりはずっと効果を実感できる日は早いです。しかもメラニン色素だけに作用するので、皮膚の全体に負担をかけることはありません。だいたい1回1万円くらいからできますし、解消できるまで10回も通えば完治するので値段も安いです。

デリケートゾーンの黒ずみをクリニックで治すにはケミカルピーリング

デリケートゾーンにできてしまった黒ずみであれば、クリニックでケミカルピーリングを行うことによっても無くすことができます。ケミカルピーリングというのは、要するに酸によってメラニン色素を除去するというほうほう です。タンパク質酵素を用いてピーリング剤の浸透を高めてから剥がすという方法です。古い角質をボロボロ落とすことができ、さらに黒ずみができてしまう原因物質を抑制することもできるので、非常に効果があります。また、肌が本来持っている明るい色にしてくれますので、非常にアンチエイジング効果もあります。ケミカルピーリングはクリニックではメジャーな治療方法になるので、行っているクリニックはたくさんあります。マニアックな施術になるとどうしてもクリニックによってはやっていないことがありますが、ケミカルピーリングであればその心配はありません。また、ケミカルピーリングは大陰唇やヒップにも使用できるので、VラインやIラインだけが治療できるというわけではありません。ピーリング剤の濃度に関しては、医師と相談することになりますが肌に対してもリスクを抱えないので安心して行うことができます。

クリニックではデリケートゾーンの黒ずみ対策に特殊クリームを使う

クリニックでは、一般では入手できない特殊クリームを使用してデリケートゾーンの黒ずみを無くすことができます。それはハイドロキノンというクリームなのですが、ハイドロキノンはメラニン色素が活動することをブロックしてくれます。そのために、短期間で透明感のある肌にすることができます。さらに同時にトレチノインも処方されますが、トレチノインはビタミンA誘導体の一つなので、肌のターンオーバーを促進することができます。ハイドロキノンにトレチノインも加えて治療することによって、肌に対して専用の成分が浸透するのでとても効果を実感できます。ただ、ハイドロキノンはとても肌に対して負担をかけるので、やはり専門医のアドバイスに沿った使い方をする必要があります。したがって、市販されていないのですが、やはり肌に対して合わないことがあるのでまずはパッチテストを行うといいでしょう。パッチテストを行うことで肌に対して問題ないかどうかがわかります。使用する方法を間違えると、炎症性の色素沈着が起きてしまうので注意してください。