デリケートゾーンの黒ずみ対策にレーザー治療をしよう

デリケートゾーンの黒ずみはレーザー治療で治すことができるの?

デリケートゾーンにできてしまった黒ずみというのは、レーザー治療で治すことができるのでしょうか。実はデリケートゾーンの黒ずみというのは、今や多くのクリニックがレーザー治療で完治させることができるくらいの技術を保有しています。なぜなら、レーザーを使うことで肌の奥底まで到達することができ、さらにメラニン色素を破壊することができるからです。通常のクリームの場合であれば、やはり肌の奥まで成分が到達しないことがあるので、どうしても美白することが難しい場合があるのですが、レーザーであればその心配はありません。さらに肌のターンオーバーが促進されて、古い角質が剥がれ落ちるという仕組みになっています。これは一定期間繰り返すことによって、肌は元の白さに戻すことができます。一般的に美容皮膚科に通えばしっかりと治療できます。市販のクリームやジェルなどで治すこともできますが、長年の蓄積によって真っ黒になってしまった肌であれば、なかなか元の色に戻すことはできなくなります。したがって、最初から美容皮膚科に通って専門的な治療を受けながら改善するといいでしょう。実際に肌を白くしたいのであれば、ぜひ考慮してください。

デリケートゾーンの黒ずみを無くす2種類のレーザーとは?

実は一口にレーザー治療といっても、2種類のレーザー治療があります。デリケートゾーンの黒ずみを無くすために、症状に合わせて使い分けるというわけです。最初は弱い出力で試して、効果が出たらそのレーザーで完治させます。デリケートゾーンの肌というのはとても敏感なので、最初から強いものを使うわけではありません。シミや肝斑などにも使うことができるためのものを使います。基本的に麻酔は使用しないのですが、あまり痛みを感じることはないので安心です。黒ずみを除去するためなので多少は痛みを感じるのは仕方ないですが、最近は技術も進んでいるので心配はありません。また、できるだけ痛みを感じないように、クリニックでも冷却しながら照射しています。また、あまりにも痛みに敏感なのであれば、申し出れば麻酔クリームやテープなどを使用するので大丈夫です。痛みを我慢しながら辛い手術をすることはないので安心してください。デリケートゾーンの黒ずみ対策をするためには、レーザー治療をすることが手っ取り早いです。だいたい治療にかかる時間は10分程度になります。時間がない方でも安心して治療できるので、その点は気にしないでください。

デリケートゾーンの黒ずみをレーザーで治療するときの流れ

デリケートゾーンの黒ずみは、レーザーで治療することができるのですが、そのときの流れはどのようになっているのでしょうか。まずは事前カウンセリングがあります。事前カウンセリングによって、肌に合うかどうかがわかります。レーザーを照射した後の流れについても相談できるので、まずはカウンセリングから受けてみましょう。そして実際にレーザーを照射するのですが、その前にはきちんと日焼けなどをしないようにスキンケアをしておきましょう。冷却したり保湿したりすることによって、肌というのはガードされます。また、レーザー治療はだいたい5回から10回行うことによって、効果を実感できるようになるので、1回や2回で効果がないと判断するのは止めた方がいいでしょう。継続して美容皮膚科に通うことでしっかりとした効果が表れます。また、インティマレーザーがあるのですが、これはデリケートゾーンの内側にできてしまった黒ずみを除去するための施術になります。人によっては痛みが続きますので、施術前に自分がどのような施術をするのかをしっかりと理解しておきましょう。